50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

入社した後の行動について

      2015/11/09

積極的に行動する

 途中入社となれば50代であっても新人として動くことになります。どのような仕事を任されるかは企業にもよりますが、どちらにせよ積極的に動いてこなしていくようにした方がいいでしょう。入社したての頃は社員からも上司からもこちらの実力はまだまだ不透明なものとなっています。そうなると一緒に仕事をしていく上では不安になるのは仕方がないことです。

 そのために積極的に動いて仕事をこなしていけば、自分の実力を証明することができ企業の人間から頼られるようになることができます。もちろん仕事をこなしていくとしても、謙虚に驕りなくこなしていくようにしましょう。幾ら仕事ができても「嫌なやつ」であれば向こうから関わってくることがほとんどなくなってしまいますから。

他の社員と交流を持とう

 今の職場に馴染むようにするためには、やはり企業の社員達と交流を持つことが大事です。仕事に関して持つのはもちろんですが、どちらかというと仕事に関係のない部分、休み時間や退社後の付き合い等で持った方がいいでしょう。

 人間仕事のことで関わっていくよりは、それとは関係のない面で関わっていった方が交流が深まりやすいからです。とはいえ無理に周囲に合わせると自分が疲れてしまうため、無理なく付き合っていくようにしましょう。

【関連記事】
入社の時の自己紹介はどうするか
入社前に確認しておくことは
転職者が職場に溶け込むために必要なのは本当に「ちょっとしたこと」なんです
試用期間に関する勘違いを払拭!正しい知識を持って転職活動を

 - 退職・入社

  関連記事

入社前に確認しておくことは

生活に関して確認を  新しい職場となれば前の職場で働くことに比べると環境がガラリ …

入社の時の自己紹介はどうするか

これから仕事をしていくことを考えて  入社式での自己紹介は自分という人間をその企 …

試用期間に関する勘違いを払拭!正しい知識を持って転職活動を

試用期間に関する企業の勘違い  転職をした時、新入社員に対して用意されている試用 …

転職者が職場に溶け込むために必要なのは本当に「ちょっとしたこと」なんです

言葉の選び方や使い方に工夫をしましょう  転職後は、仕事を覚えることももちろんで …