50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

入社の時の自己紹介はどうするか

      2015/11/09

これから仕事をしていくことを考えて

 入社式での自己紹介は自分という人間をその企業の社員達に示すための最初の作業です。ここでの内容によって相手の対応も変わってくるため、評価に関わらないとはいえど適切な自己紹介をしたいものです。

 ここでの自己紹介の内容としては、名前や趣味・特技と技術や経験等を言うことになりますが、特に技術や経験に関しては具体的に「こういうことができる」と言っておいた方がいいでしょう。そうすれば仕事が始まった時にそのできることに関して助力やアドバイスを求められることがあり、それを通じることで社員達と交流をしていくことができるからです。

 もちろん問題としてはできることを宣言する時に自慢話のようにならないような内容にしましょう。ならないようにするためには1つのことを長々と言わずにすっぱりと簡潔に言った方がいいです。

硬くならずに

 自己紹介自体はよっぽど問題のある内容にならない限りは評価に影響しません。そのためにするのであれば硬い感じに言わず多少ソフトにしていった方がいいでしょう。

 ここで硬い感じでしてしまうと硬い人間であると見られてしまうからです。とはいえ逆にあまりに軽くても馴れ慣れしい感じになってしまうため、硬くならないことだけを前提にして話していくのが一番でしょう。

【関連記事】
入社前に確認しておくことは
入社した後の行動について
転職者が職場に溶け込むために必要なのは本当に「ちょっとしたこと」なんです
試用期間に関する勘違いを払拭!正しい知識を持って転職活動を

 - 退職・入社

  関連記事

入社前に確認しておくことは

生活に関して確認を  新しい職場となれば前の職場で働くことに比べると環境がガラリ …

入社した後の行動について

積極的に行動する  途中入社となれば50代であっても新人として動くことになります …

転職者が職場に溶け込むために必要なのは本当に「ちょっとしたこと」なんです

言葉の選び方や使い方に工夫をしましょう  転職後は、仕事を覚えることももちろんで …

試用期間に関する勘違いを払拭!正しい知識を持って転職活動を

試用期間に関する企業の勘違い  転職をした時、新入社員に対して用意されている試用 …