50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

転職は退職して探した方がいいのか

      2016/01/07

基本的には在職中に探した方がよい

 転職活動をするのであれば今の仕事を辞めずに探した方がいいです。理由としてはやはり退職してしまうと収入面に不安が生じてしまうからです。収入が入ってこないとなると活動にも焦りが出て要らぬ失敗をしてしまう可能性も高くなるため、そうした安心面を考えると退職はしない方がよいのです。

 それだけでなく退職していると面接での企業との交渉に不利になるということもあります。退職しているということは転職先を必至に探していると見られて、給与面の交渉も足元が見られる可能性が高くなるからです。在職中であれば、その今の収入を目安に交渉していくことができるため、結果的にこちらの方がいい条件で入社できる可能性が高くなるのです。

退職して探す場合には

 しかし一方で常に多忙であまりに探している暇がないという場合には退職して探した方が時間的にもいい場合があります。他にも50代であれば十分な貯蓄があることが多いため、該当するのであれば金銭面に不安がなくなるため退職して探していってもいいでしょう。最も退職するのであれば時間に余裕ができる分、どう日々転職活動の行動をしていくのか考えて無計画に退職しないようにしましょう。

 退職の場合にも退職の手続き等をしなければならないため、それで時間が取られてしまう可能性があるのも考えておく必要があります。

【関連記事】
50代で転職するための目的を定める
50代が転職を行うタイミングは
50代の転職に最適な時期とは?
社会人の常識”体調管理”について
転職活動は、どのくらいで終わるのでしょうか|同時に考えておきたいこと

 - 転職準備・進め方

  関連記事

社会人の常識”体調管理”について

健康問題・50歳代は待ったなし!  50代のカラダはどうなっていくのでしょうか。 …

転職活動は、どのくらいで終わるのでしょうか|同時に考えておきたいこと

6ヶ月もあればほぼ終わります  一体どのくらい活動すれば終わるのだろう。働き先を …

50代で転職するための目的を定める

今の状況も考えて定める  転職は人生においてターニングポイントなる行為です。仕事 …

50代が転職を行うタイミングは

自分で理解できたら動くタイミング  50代ともなれば、求人が出てくるのを待ってい …

50代の転職に最適な時期とは?

自分のライフプランも考える  50代での転職は、それを最後にするという覚悟が必要 …