50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

転職活動は、どのくらいで終わるのでしょうか|同時に考えておきたいこと

   

6ヶ月もあればほぼ終わります

 一体どのくらい活動すれば終わるのだろう。働き先を見つけるための活動は、6ヶ月もあれば終わるはずです。50代であっても6割7割の人が、この期間中に何かしらの結果を出すことができます。

 それでは納得がいかず、もっと高いレベルや待遇のところへ入社したいという思いがあれば、それ以上の期間を費やしてしまうかもしれませんが、ある程度のところで区切りをつける気持ちがあれば、6ヶ月という期間で半分以上の人が活動を終了させることができるでしょう。

 長くかかってしまったとしても7ヶ月か8ヶ月くらい。これが目安というか、ひとつのボーダーラインになると思います。

結局はキャリア次第?

 どのような人生を歩んできたのか、と言ったら大袈裟ですが、活動期間はそれ次第なのかもしれません。

 自らの経歴を活動に活かすのは当たり前のこと。しかし、どれだけ活かせる経歴を持っているかというのが、根本的なものとなってくるのではないでしょうか。つまり、経歴が浅い・薄っぺらいものであれば、6ヶ月以内に活動を終わらせることができないかもしれないのです。逆に、経歴が魅力的なものであれば、一瞬と言ってもいいくらいの期間で活動を終わらせることもできるはず。

 ただ、誰にでも魅力的な部分はあるはずです。気休めや綺麗事ではなく、実際にそうなのです。自分の経歴の中で光る部分を見つけてみましょう。それを審査時に主張できれば活動期間は短くなるはずですし、そういったことも含めて全て経歴次第ということなのかもしれません。

キャリアに自信がない人は

 自分のキャリア・経歴に全くもって自信がないという人もいると思います。その中に光る部分を見つけようとしても困難であると考える人もいるでしょう。自分の良い部分を見つけることを諦めてしまうのは避けたいですが、ただ、どうしても自信が見出せないようであれば、活動期間を気にせずに動いていくしかないのかもしれません。

 時間をかけて活動し、自分の良い部分・光る部分を見つけてくれるような企業と出会いましょう。50代であっても、ある程度時間を費やす必要がある人も実際にいるのです。

 また、欲張ることも忘れてはいけません。自信がない人が欲張ることはないかもしれませんが、仮にあるとすれば活動期間を長くすることにしかならないので、そうした思考を持って活動することは検討し直すべきでしょう。

【関連記事】
50代で転職するための目的を定める
50代が転職を行うタイミングは
転職は退職して探した方がいいのか
50代の転職に最適な時期とは?
社会人の常識”体調管理”について

 - 転職準備・進め方

  関連記事

50代の転職に最適な時期とは?

自分のライフプランも考える  50代での転職は、それを最後にするという覚悟が必要 …

50代が転職を行うタイミングは

自分で理解できたら動くタイミング  50代ともなれば、求人が出てくるのを待ってい …

50代で転職するための目的を定める

今の状況も考えて定める  転職は人生においてターニングポイントなる行為です。仕事 …

社会人の常識”体調管理”について

健康問題・50歳代は待ったなし!  50代のカラダはどうなっていくのでしょうか。 …

転職は退職して探した方がいいのか

基本的には在職中に探した方がよい  転職活動をするのであれば今の仕事を辞めずに探 …