50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

50代が面接に挑むためにしたい対策方法は

   

リラックスして平常心で挑むように

 面接に挑む際の心持ちとしては、やはり落ち着いた雰囲気で挑めるようにするのが大切です。50代となれば面接で緊張することは少なくなるため、緊張という方面では問題ないのかもしれませんが、代わりに仕事においては仕事量が多くなったり、頭痛のタネになるようなことをすることも多いため、ストレスに悩まされることになるでしょう。ストレスを持ったまま挑むとふとしたきっかけにそれが爆発してしまう可能性があります。

 そうでなくても、焦りやイライラがあると質問された際に答えを考える時にも支障が出るため、面接に挑む前にリラックスして挑めるようにしましょう。今している仕事の内容によっては難しい話となるかもしれませんが、何かしら自分の気持ちを落ち着かせることができる手段を持っておくといいかもしれません。

圧迫面接が来た時は

 面接の中でもあえて否定、威圧的な質問が飛んでくる可能性があるのが圧迫面接です。企業へと面接をしているとこの圧迫面接を仕掛けてくる企業に当たる時も出てくるでしょう。基本的にこの面接の意図はそういう質問をすることで相手がどう対応するかを確認したり、ストレス耐性を見たりするものとなっています。そのためにここで怒りを露にしてしまえば相手の思う壺となってしまいます。

 相手がどんな質問をしてこようと「そういう意図の質問か」と考えて冷静に対処していくといいでしょう。しかし問題としては圧迫面接という言い訳をして、あまりに問題のある内容の質問が飛んでくる場合です。このような企業は道徳性に問題があるといってもいいため、こちらから願い下げをした方がいいでしょう。

【関連記事】
50代でよく出てくる質問は
50代で入室と退室のマナーはどうなっているか

 - 面接対策

  関連記事

50代でよく出てくる質問は

転職回数について  50代となれば何回か転職を経験した方もいるでしょう。転職回数 …

50代で入室と退室のマナーはどうなっているか

マナーで最も見られる入室と退室の部分  入室と退室の時のマナーは面接のマナーにお …