50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

50代で見抜く悪い求人

      2015/10/01

求人が出ている意図

 そもそも何故求人というのは出てくるのでしょうか。それは企業側が人材を求めているからです。企業によっても求めている人材の質に違いがあり、社員を増やして働き手を増やしたいと考えているのであれば未経験も歓迎して、特定の技術や経験を持った人間が欲しいと考えれば条件提示を記載することになります。こうして企業は人材の獲得を狙うのです。

 問題としては求人情報を見て「これはどういう人を狙ったのだろうか」と思ってしまうものです。こうした求人はとにかく「駒」を増やしたいブラック企業の可能性もあれば、方向性が定まっていない企業である可能性もあります。どちらにせよ企業としては問題のあるところであると考えられるため、こうした悪い求人があれば、企業にも問題があると考えていいでしょう。

大事なことが書かれていない

 上記の意図が分からない求人にも多いのですが「本来記載しておくべき大事なことが書かれていない」ものも悪い求人に該当します。こちらもブラック企業である可能性が高く、入社した途端に自分たちに都合のいい条件を押し付けてくる可能性が高くなります。ブラック企業でない場合にも大事なことを求人に書けない企業=情報管理が杜撰な企業と見ることが可能です。当然入社すればトラブルに遭う可能性が高いです。

 求人情報全体を見て「何か足りない」と感じればそれに対して質問をするか、そのまま避けた方がいいでしょう。

【関連記事】
50代で利用する求人媒体は
50代が求人票で見るところは
正規雇用と非正規雇用の違いについて知っておく

 - 求人媒体

  関連記事

50代が求人票で見るところは

給与面について  転職するとなればやはり収入面に不安が出てきてしまうため、給与面 …

正規雇用と非正規雇用の違いについて知っておく

多くのことが保証される正規雇用  転職する時に、50代の方が迷ってしまうのが、正 …

50代で利用する求人媒体は

転職のサイトとサービスを利用しながら他を調べる  転職を考えるのであれば転職サイ …