50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

50代の職務経歴書で見られるところは

   

何ができるのか

 職務経歴書は自分のしてきた仕事の経験を記載する書類となりますが、企業側としてはそれらを見た上で「この人はどういうことができるのか」というのを見ることになります。現に50代は技術や経験を生かした仕事となるため、できることが明確に理解できなければ雇用するのに不安になってしまうからです。経験を書いていくのはいいですが、完成した上で内容を見直してみて、相手にできることを主張できているかどうか確認してみましょう。

 場合によっては転職エージェント等に見てもらって、書類として主張できているかどうかを確認してもらう方法もあります。何か指摘をもらえば、その点に関して考えて改めて修正していってみるといいでしょう。

人間関係について

 一方で職務経歴書は高齢の方となると技術や経験はもちろんですが、その内容から人間関係はどうなのか見られることにもなります。やはり50代を雇用するとなると、若い世代と協力してやっていけるかどうか不安になるからです。

 仕事の内容にもよりますが、もしグループや集団でこなしていく仕事でほとんど自分のことしか書いていないと、他人に関心がない人間として人間関係を不安に思われてしまいます。

 自分だけでなくその時他人はどう行動して自分に関わってきたかも思い出して書いていくようにしましょう。

【関連記事】
50代の履歴書で見られるところは
応募書類を送る時の行動

 - 応募書類

  関連記事

50代の履歴書で見られるところは

将来性が見えているか  履歴書は職務経歴書に比べると志望動機や自己PR、本人希望 …

応募書類を送る時の行動

添え状に何を書くか  転職となると書類を送る際には履歴書と職務経歴書だけでなく添 …