50代転職|経験を活かした転職活動まとめ

*

50代の転職を成功へ導く5つの流れ

 絶対に揺らぐことのない転職への決意ができたら、あとはそれに向かって突き進むだけです。ただ、闇雲に突き進んでしまってはいけません。道に迷わないよう、そして壁にぶつかっても乗り越えられるような準備、それが必要なのです。そのためのポイントを頭に入れておきましょう。

就職・転職準備について

 道に迷わないようにするためには、転職活動の地図を描いておかなければなりません。活動の計画を組み立てておくのです。スタート地点とゴールを明確にし、自分がどの位置におり、どんな装備や武器を持っているのかも含めて考えておく、これが計画の組み立てのための必須事項となってきます。

【参考記事】
50代で転職するための目的を定める
50代が転職を行うタイミングは
転職は退職して探した方がいいのか
50代の転職に最適な時期とは?
社会人の常識”体調管理”について
転職活動は、どのくらいで終わるのでしょうか|同時に考えておきたいこと

求人情報について

 自分の位置と装備・武器を確認できたら、求人情報を収集してみましょう。何もない状態で求人を探す時と比べて、どの求人が自分に合っているのかがわかってくるはず。気になる求人があれば、その求人の企業のことを調べる。ここまでを含めて求人情報収集となります。

【参考記事】
50代で利用する求人媒体は
50代が求人票で見るところは
50代で見抜く悪い求人
正規雇用と非正規雇用の違いについて知っておく

履歴書や職務経歴書について

 履歴書も大事ですが、50代の転職者にとってはやはり職務経歴書の存在が大きくなってくるでしょう。長い社会人生活の中で、「これはアピール材料となるだろう」と思われるものを適切に抜き出して整理していくことが大切です。それが出来ることそのものがアピールになるのです。

【参考記事】
50代の履歴書で見られるところは
50代の職務経歴書で見られるところは
応募書類を送る時の行動

面接について

 面接官は年下かもしれません。にも関わらず品定めをされているような雰囲気になるかもしれません。そんな時でも謙虚な気持ちで面接には臨まなければなりません。一から学び直すつもりがある、その気持ちを出すと企業に好感を持ってもらえるはずです。

【参考記事】
50代でよく出てくる質問は
50代で入室と退室のマナーはどうなっているか
50代が面接に挑むためにしたい対策方法は

退職・入社準備について

 「大変お世話になりました」という気持ちは退職活動に現れます。最後の最後までその気持ちを忘れずに退職活動に励まなければなりません。「これからお世話になります」という気持ちは入社準備に現れます。退職準備も入社準備も気持ちが大事。それだけは忘れずに取り組みましょう。

【参考記事】
入社の時の自己紹介はどうするか
入社前に確認しておくことは
入社した後の行動について
転職者が職場に溶け込むために必要なのは本当に「ちょっとしたこと」なんです
試用期間に関する勘違いを払拭!正しい知識を持って転職活動を

公開日:
最終更新日:2016/01/07